本文へスキップ

東京駅の画像を掲載。素人写真なのでご了承ください。

東京駅画像館tokyostation photo studio

すっかり都会っ子ぶってみても、所詮イナカッペ大将、オコッペ大将な私。道産子な私が、東京駅丸の内駅舎を見て思い浮かんだことは、(なまら道庁そっくりじゃね?いややっぱり違うか。道庁よりあか抜けているわ、いいふりこいて、さすが都会だべさ〜)です。
高層ビルの谷間に鎮座するこの建物は、再開発によって、ますます高層化するこの地域に生きた人々の、最後の砦のように思えるのは私だけでしょうか。天空率という言葉を知ったのもこの東京駅でした。再開発という名のもとに、効率だけを重視して、つまらない街にならないよう願ってやみません。
特に八重洲側。

管理人の「東京駅とっておき情報」
@ 丸の内側と八重洲側を改札通らずに行けるのは北口だけ南もね!
「こら嘘こくんでない。南側からもいけるでないの。ほんとにどもならんわ。」

行けた・・・。
その情報がもたらされたのは4月最終日だった。
「有楽町まで地下で行ける」と聞いた私は我が耳を疑った。そんな馬鹿なと。東京駅の地下は京葉線が南側最終拠点で丸の内側とも繋がっていないと思っていたのに、その先にいけるとは。行き方を聞いて私は愕然とした。あの京葉線のところから国際フォーラムに抜けれるというのだ。しかもその京葉線地下から「東京ビルTOKIA」を抜け「KITTE」を通れば、あっと言う間に丸の内地下へ。そして、東京駅北側まで歩けば、出発の八重洲北口までぐるっと回る事ができたことになる。まじか・・・。
確かに、丸の内側も同じ事が言えるのだが、八重洲側を南側に歩く場合、「八重洲地下街」を南下することになるので、東京駅ではないと言えばそうかもしれないが、でも繋がっていているのだから一部と考えて間違いない。
しかもその情報提供者(一緒に働いている方だよ)によると、国際フォーラムを超えて有楽町駅まで行くことができ、更に更に東銀座まで行けるという。歌舞伎座まで下を歩けるというのか・・・。
まだ未確認なので詳しくは書けないが、何でも銀座は日比谷と繋がっていて、そこから縦ラインで大手町まで歩けるという。恐るべし東京駅周辺地下事情。これで日本橋と繋がっていれば、ぐるっとの更に上、ぐるぐるっと東京駅を地下で回れることになる。恐ろしい。何が恐ろしいって、そんな距離確認の為に歩きたくない・・・。

結論。やっぱり改札を通らないで丸の内側や八重洲側の行ききは北側自由通路が一番!

A 昼間の有楽町駅は混んでいる。
「え?関係ないべさ。東京駅だって言ってるのに何で有楽町駅が出てくるのさ。おだつんでないよこのヒグマ野郎!!」
さて、東京駅から一駅のお隣有楽町駅。これが昼間、マダムや観光客、リーマン達などで大変混雑しております。山手線車内もさることながら、ホーム、改札周辺ととにかく混んでいます。人ごみが嫌いな方や健康志向の方は積極的に東京駅から歩きましょう。思ってるほど遠くはないです。外堀通り(八重洲側)を歩けば、通り沿いにアンテナショップが点々とあり、寄り道がてら歩けます。丸の内側を歩けば、東京国際フォーラムがあったり、こちらも散策がてら歩けます。








inserted by FC2 system